FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*窮目所極

2009年09月09日 02:38

還真是一片荒涼啊。




沒想到聶家讓我感觸這麼深。

今天不知為何想起了聶蒼溟這名字,就想起了年少時代的聶家狂熱,
想起了南京城的夢和那篇記事,竟在捷運上默默流下淚來。
(還想起了林易柔)
幸好戴著口罩。


聶家聶家,光用念的就覺得嘴裡甜甜的,這什麼現象啊。
雖然我最愛的是殷戒,但聶家那一串粽子,比雲家莊不成熟,比西門家複雜了點,但很有紀念意義啊。
是說雖然聶三的故事我很愛,但三爺雖然怎麼看都跟阮臥秋有點像,但阮爺可愛多了。(硬要插一句)


傷口發著癢,唉。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aoni7.blog106.fc2.com/tb.php/314-a922066b
    この記事へのトラックバック


    最近的文章


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。